奇跡講座とは。

「奇跡講座」とは、アメリカで出版された
A Course in Miracles (ア・コース・イン・ミラクルズ)を日本語に翻訳したもので、奇跡講座・奇跡のコース・ACIMとも呼ばれています。

A Course in Miraclesは1965年に、ニューヨークのコロンビア大学医学部医療心理学科の教授であったヘレン・ジャックマンさんが、
突如、キリストの内なる声を聞き、そのメッセージを書き取り、同僚であるウイリアム・セットフォード教授とともに、7年の歳月をかけて、書き起こしたものです。
当初、2人の仲は難しく、いがみ合っていたのですが、ある日、「何か別な道があるはずだ。」という結論を合図に、2人が聖霊に「わずかな意欲」を差し出した。それにより、あらゆる状況が聖霊の目的のために使われ、書き上げられたそうです。
「奇跡講座」は、「テキスト」「ワークブック」「教師のためのマニュアル」の3部で構成されています。

「テキスト」は、概して理論を扱い、奇跡講座の思考体系をなす概念を説明しています。
「ワークブック」は、一日一課、全部で365のレッスンから構成されていて、「1日にワンレッスン以上進もうとしないこと」だけが注意されていますが、心惹かれるレッスンには、時間をかけても構わないとされています。
「教師のためのマニュアル」は、Q&A方式で書かれており、受講生が抱きやすい疑問への回答が提供されています。
「テキスト」の序文には、こうあります。

これは、奇跡についてのコースである。
必須科目である。


いつ受講するかだけがあなたの自由である。
自由意志とは、あなたがカリキュラムを構成できるという意味ではない。
ある時期に、何を受講したいかを選択できるというだけのことである。


このコースは愛の意味を教えることを目指してはいない。
それは、教えることのできる範囲を超えているからである。
しかし、愛の現存を自覚できなくしている障壁を取り去ることはたしかに、目指している。


愛の現存そのものは、生来あなたが受け継いでいるものである。
愛の対極は恐れであるが、全てを包み込むものに、対極はありえない。

奇跡講座の教義

教義


「実在するものは脅かされない。


実在しないものは存在しない。


ここに神の平安がある。」

これは、奇跡講座のまえがきや序文にある、奇跡講座の教義です。


このコースは、このように、極めて簡潔に要約することができるシンプルなものです。


ですが、はじめのうちは何回読んでも、一体何のことを言っているのか全く理解できないとか、理解できたと思っても、自分のわかりえる範囲で歪曲して解釈してしまうことが多いかと思われます。


それは、奇跡講座が、イエス(聖霊)の思考体系で書かれたものであり、私たちの通常の思考体系では、理解できる範疇を超えているからです。


しかし、JACIMサイトや、ワプニック博士の提唱する『奇跡講座』の形而上学をもとに、日々ワークブックをし、テキストを読み、赦しの実践を繰り返していくと、

少しづつではありますが、だんだんと理解が深まっていくことを実感できてきます。


それは、多大なる意欲と、困難で長い道のりかもしれませんが、

求めさえすれば、イエスや聖霊は必ず手を差し伸べてくれます。


そして、この道は必ず”あの平安”、”あのゴール”へとつながっていることは

確実だからです。

詳しくは、『奇跡講座』学習支援サイトJACIMをご覧ください。